book

恐れのない組織

// リンク コロナ禍における危機対応を通じて、いかに日本の政治家が与野党を問わず無能であるかを大半の国民が再認識させられている。震災およびその後の危機対応という歴史的な重大インシデントから何らかの教訓を得て活かすことができていれば、これほど…

頭のいい人のセンスが身につく 世界の教養大全

// リンク 世界の教養大全というより、世界の雑学大全という感じ。ただ科学的なエビデンスを中心にまとめられているので、質のいい雑学の集積として楽しめる。 電子レンジで、食べ物はどこから温まる? 涼しさを保つために何色の服を着るべきか? 水は1日何杯…

投資家みたいに生きろ

// リンク すでに投資家として生きているためか、常識的なことしか書いていないように感じ、個人的にはあまり感銘を受けなかった。ただ、バックグラウンドによっては、衝撃を受ける可能性もあるのか、レビューの評価は非常によい。 ある時期に、ペットボトル…

大学なんか行っても意味はない?――教育反対の経済学

// リンク シグナリング理論を軸にした非常に面白く読み応えのある論考。大学や大学院の卒業要件が簡単で、大半が何も学ばずに4年間を過ごす日本人とっては賛同するべきところも多いのではないだろうか。高校卒業時の受験問題を解く能力の順位付けを金科玉条…

でたらめの科学 サイコロから量子コンピューターまで

// リンク 実際、乱数を数学的にちゃんと定義するのは難しい。 現在、乱数はコンピューターで作ることが一般的になっているが、その道の第一人者である広島大学の松本眞教授に尋ねたら、「嫌な定義ならありますよ」と言われた。 嫌な定義? どういうことかと…

科学者たちが語る食欲

// リンク これらのシンプルな概念を理解すれば、実験結果の重要な点が見えてくる。まず、炭水化物を過剰摂取したすべてのバッタが、タンパク質ターゲットに近い線に沿ってほぼ垂直に並んでいる。つまりこれらのすべての点のバッタが、ほぼ同量のタンパク質(…

新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ

// リンク 経済的独立にはいくら必要か 人生はいちどしかないのだから、自分の思うがままに自由に生きたい。誰もがそう願っています。これが、人生設計におけるゴール(目標)です。ところで、「自由 Liberty」とはいったい何でしょう。それは、「なにものにも…

ヒトはなぜ太るのか?

// リンク 健康の専門家たちは、この第1法則が「ヒトはなぜ太るのか」に関係していると考える。それは,ニューヨークタイムズが書いたように,彼らが彼ら自身に対して,そして私たちに対して「使う以上のエネルギーを摂取する人たちは、体重が増えるだろう」と…

勝つ投資 負けない投資

// リンク 一般に機関投資家は大きな資金を動かします。資金力さえあれば勝てると考えている人もよくいますがこれは誤りで、その巨大さが時には大きな足かせとなる場合もあるのです。 また、彼らは大概顧客の資産を預かって運用する立場なので、投資には透明…

科学の発見

// リンク 私は物理学者であって歴史家ではないが、年を経るにつれて、科学史というものにますます魅力を感じるようになってきた。科学史は驚嘆すべき物語であり、人類史の中で最も興味深い歴史の一つである。また、私のような科学者にとっては、個人的な利…

やせる経済学

// リンク 経済と言えば、金利、経営計画、金融政策について語る解説者――そんなイメージがあるかもしれない。だけど、それだけではない。経済は意思決定の科学でもある。経済学を用いれば、身体のために何を食べるべきか、減量後の体重を維持するためにどう…

あの天才がなぜ転落 伝説の12人に学ぶ「失敗の本質」

// リンク テスラがエジソンとの電流戦争に勝利できたのは、支援したウェスティングハウスが綿密な資金計画を作り、事業の進め方にも的確なアドバイスをしていたおかげだった。 しかし、世界システムを援助していたモルガンは、金は出すが口は出さないタイプ…

PMSの悩みがスッキリ楽になる本

// リンク どんな症状があるのか:頭痛、摂食異常(過食・拒食気味) 、耳鳴り、のどの違和感、肩こり、味覚の変化、関節痛、おりもの、腰痛、下腹部痛、眠気、不眠、めまい、体重増加、便秘、下痢、疲れやすい、だるい、吐き気、嘔吐、むくみ、肌あれ、湿疹、…

シャーロック・ホームズの思考術

// リンク だが、エネルギーとは何なのか? なぜ動くのか? どうやって動くのか? そういった疑問は認めてもらえないばかりか、答えてももらえないのだ。「これでは何も意味していない。ただの言葉の羅列だ」とファインマン は指摘している。「ここに書かれるべ…

ブルシットジョブ

リンク // クルトの仕事がブルシット・ジョブの典型例だとみなしうるのは、ひとつの単純な理由による。つまり、それらの仕事口がたとえ消えてなくなったとしても、世の中になんの影響も与えない(make no discernible differencein the world)だろう、という…

絵を見る技術 名画の構造を読み解く

// リンク 「絵画の科学」という題名にしてくれたほうがよかったのではないかと思う。ある学問分野(科学に限る)を学ぶことは、その分野の色眼鏡をかけて対象を見る能力を培うことであり、ある種の偏見をすることで初めて、これまで見えなかったものが見え…

デジタル円 日銀が暗号通貨を発行する日

// リンク 集中型と分散型の選択 民間業者が発行するか中央銀行が発行するかにかかわらず、デジタル通貨に関する文献では、集中型と分散型の選択が主要な論点となっている。例えば、いわゆる「マネーフラワー」による通貨の整理を提唱した Bech 氏と Garratt…

最も賢い億万長者

// リンク // リンク 上巻 シモンズは、才能のある研究者を引き抜いて部署内で管理する独特の方法に目を見張った。ほとんどが博士号を持つ所員たちは、何か特定の専門的技能や知識でなく、知力と創造力と志の高さを理由に雇われていた。研究者に求められてい…

「バカ」の研究

// リンク アメリカの社会心理学者、デイヴィッド・ダニングとジャスティン・クルーガーに、「能力が低い人はそのことに気づかない」というタイトルの研究論文がある。わたしはこれは「あなたの仕事についてあなたに説明しようとするバカに関する研究」とす…

身銭を切れ

// リンク あなたの考えではなく、ポートフォリオの中身を教えろ。 カモを見分ける最大のコツがある。出口ではなく映画館の大きさに目が行っているヤツは間違いなくカモだ。映画館で、たとえば誰かが「火事だ」と叫べば、人々は出口に殺到する。なぜなら、映…

Learn or Die 死ぬ気で学べ プリファードネットワークスの挑戦

// リンク それまでの私は、どちらかというと、うまく取り繕って、そつなくやるのが良いと思っていた。だが、それでは面白くない。もっとパッションに忠実になりたかった。 自分が「面白い」と思えることに、もっと敏感になるべきだと考えた。人生は有限だ。…

教養としてのコンピューターサイエンス講義 今こそ知っておくべき「デジタル世界」の基礎知識

// リンク グラフの音圧の波の高さ(縦軸)は、音の強度または大きさを表しています。横軸は時間を表し、1秒あたりの波の数がピッチまたは周波数を表しています。 ここで私たちが、音の波の高さ(たとえばマイクからの音圧)を、一定時間ごとに測定したとします…

物理学天才列伝

// リンク // リンク のちにプランクは、次のように書いている。「我々が絶対の確信を持って求められるであろう唯一のもの、世界中のどんな権力でも奪い取れない最高の美徳、何にも増して永遠の喜びを与えてくれるもの、それは魂の高潔さだ。そして、精密科…

天才たちの日課 女性編

// リンク どれくらいの時間、いつごろの時間帯にやっているのか?週末も仕事をしているのか? 創作活動をしながら、どうやって生活費を稼いだり、十分な睡眠を取ったり、家族や知人と向き合ったりしているのか? 時間や金銭のやりくりがうまくできたとしても、…

スノーボール

// リンク 指輪にキスをするみなさんがたに、 きょうは株式市場の話をしたいと思います。株価についてお話ししますが、来月や来年の値動きを予想するつもりはありません。価値評価と予想は別物なのです。 市場は、短期的には投票計です。長期的には重量計で…

エンジニアの時間管理術

// リンク 頭の集中 集中とは、脳を特定の作業にできるだけ専念させることです。脳はさまざまな部分でできています。前頭部は、今考えていることを処理します(CPU や L1/L2キャッシュのような役割を果たします)。後頭部は、物事を記憶するための場所であり(R…

反脆弱性

社会を脆くし、危機を生み出している主犯は、〝身銭を切らない 〟人たちだ。世の中には、他者を犠牲にして、自分だけちゃっかりと反脆(はんもろ)くなろうとする連中がいる。彼らは、変動性、変化、無秩序のアップサイド(利得)を独り占めし、損失や被害と…

僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう

// リンク ディスカッションできる環境 山中 アメリカにいたときは、まさにそういう経験をさせてもらいました。サンフランシスコはボストンと並んで、アメリカの研究の拠点になっていますから、ノーベル賞受賞者や同程度の研究者が大勢います。彼らが僕らの…

「しがらみ」を科学する

// リンク 社会とはしがらみの集まり・・・人々に一定のしかたで行動するように促しているしがらみが、そうした人たちの行動そのものによって生み出されている状態が社会なんだよ。・・・本当のことを言うと、インセンティブ構造という言葉が使いたいんだけ…

佐々木敏の栄養データはこう読む!

// リンク 動物性の脂は総じて血液中のコレステロールを上げます。でも、それはコレステロールが含まれているからというよりも、飽和脂肪酸が多くて不飽和脂肪酸が少ないからという理由のほうが大きいようです。 「コレステロール・ゼロ」と書かれた(しかも…