読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GILT(ギルト) ITとファッションで世界を変える私たちの起業ストーリー

book g

「何かを創造して、もっと大きな自分になりたい」

ギルトはショッピングを、他の人達と競争し、短時間で中毒性のあるスリルを味わう娯楽に変えるだろう。

アレクサンドラ、MBAを取得したら、もう金融業界には戻らずファッション業界に行く、と約束してくれ。きみの心がファッションにあるのははっきりしている

必死になって勉強してMBAを取ったのに、なぜ私はデパートの床を掃除しているのだろう?

大半のオンラインショップは、従来型の店舗をそのままオンラインに移行しただけだ。オンラインならではの利点、例えば娯楽性と競争で興奮が増すといったところを生かしていない。

イデアは安く、簡単に手に入る。だが、それを形にする実行力がビジネスの成功と失敗を分ける

悲観的、否定的な見方しかできない人と過ごすには人生は短すぎるし、ましてや一緒にビジネスを始めてもうまくいかない。

市場でスピードがどれほどモノを言うか、また一番乗りをすることいどれだけ大きなメリットがあるか

私にとっての衝撃は、高級ブランド業界がぜひとも関心をもつべき問題を、あなたたちがはっきりさせてくれたこと。シーズンの売れ残り商品をどうしたらいいのか、という問題ね。

起業家にとってきわめて重要な事は、トップクラスの潜在能力がある人材が夢中になって働ける環境を作ること

ギルトがほしいのは、闘志と熱い情熱を秘め、人生の喜びをたくさん知っている人です。

ブランドを確立するためには、消費者の目に触れるすべてが重要になる。サイトのビジュアルはもちろん、名刺、パッケージからカスタマーサポートのメールの文章まで細心の注意を払うべきだ。リアは、ビジュアルをおろそかにしていいものなど一つもないと主張した。

小売業で何はさておいても重視される一つが、店舗のロケーション、つまり立地である。立地が成功を極める、といっていいくらいだ一流ブランドが、大枚をはたいてもティファニーやバーグドルフ・グッドマンと五番街で軒を並べたがる理由は立地にある。私達は実店舗のこの鉄則を、ギルトにも応用していくつもりだった。

スーザンがリーダーとして果たす役割の中で重要と考える一つが、エンジニアだけでなく従業員全員が、懲罰を恐れずにリスクを取ることが出来る『安全空間』をつくることだ、と言う。誰が考えても失敗する愚かなリスクを冒すことは、議論の余地無く良い方法ではない。でも、自分の頭で考えなさいということはつまり、リスクを取りなさい、そして自分で決断を下しなさい、ということ。そのためには、失敗してもいいと認めて、失敗を責めないこと。私が関わったビジネスで、何もかもうまくいきました、なんてことは一つもない。ビジネスリーダーにとって必要なのは、失敗する確率より成功率が上回るようにさせ、時間をかけて成功率を向上させること。過去の仕事でほとんど失敗をしたことがない人は、リスクを取らずに確実なことしかやって来なかった傾向がある。

GILT(ギルト) ITとファッションで世界を変える私たちの起業ストーリー

GILT(ギルト) ITとファッションで世界を変える私たちの起業ストーリー