大学院時代の

大学院時代の指導教授、松原武生先生の口癖を思い出した。すべての精力と時間を3等分して「テーマ探し」「実際の研究」「論文書き」に配分せよという教えである。2番目の「実際の研究」が全てだと思い込む傾向があるが、本当は、最も適切なテーマを掘り出す1番目と、成果を確実に発表する3番目も同じくらい重要だとたたき込まれた。

私の履歴書16 米沢富美子

広告を非表示にする