失敗の本質

  • 現代に生かすとは、次の戦争を準備することではない。それは、今日の日本における公的および私的組織一般にとって、日本軍が大東亜戦争で露呈した誤りや欠陥、失敗を役立てることにほかならない。
  • では、日本軍の失敗がどうして現代の組織にとって関連性を持ちうるのか、また教訓となりうるのか。
  • そもそも軍隊とは、近代的組織、すなわち合理的・階層的官僚制組織の最も代表的なものである。戦前の日本においても、その軍事組織は、合理性と効率性を追求した官僚制組織の典型と見られた。しかし、この典型的官僚制組織であるはずの日本軍は、大東亜戦争というその組織的使命を果たすべき状況において、しばしば合理性と効率性とに相反する行動を示した。つまり、日本軍には本来の合理的組織となじまない特性があり、それが組織的欠陥となって、大東亜戦争での失敗を導いたと見ることができる。日本軍が戦前日本において最も積極的に官僚制組織の原理(合理性と効率性)を導入した組織であり、しかも合理的組織とは矛盾する特性、組織的欠陥を発現させたとすれば、同じような特性や欠陥は他の日本の組織一般にも、程度の差こそあれ、共有されていたと考えられよう。
  • ところが、このような日本軍の組織的特性や欠陥は、戦後において、あまり真剣に取り上げられなかった。たしかに、戦史研究などによりさまざまの作戦の失敗は指摘された。そして、多くの場合、それらの失敗の原因は当事者の誤判断といった個別的理由や、日本軍の物量的劣勢に求められた。しかしながら、問題は、そのような誤判断を許容した日本軍の組織的特性、物量的劣勢のもとで非現実的かつ無理な作戦を敢行せしめた組織的欠陥にこそあるのであって、この問題はあまり顧みられることがなかった。否むしろ、日本軍の組織的特性は、その欠陥も含めて、戦後の日本の組織一般のなかにおおむね無批判のまま継承された、ということができるかもしれない。たとえばそれは、企業のリーダーが自己の軍隊経験を経営組織のなかに生かそうとしたり、経営のハウ・ツーものが日本軍の組織原理や特性を半ば肯定的に援用しようとする傾向などに、見ることができよう。
  • なるほど日本軍の組織原理や特性は、すべてがいかなる場合にも誤りではなかったであろう。日本軍の組織的欠陥の多くは、大東亜戦争突入まであまり致命的な失敗を導かなかった、ともいえるかもしれない。すなわち、平時において、不確実性が相対的に低く安定した状況のもとでは、日本軍の組織はほぼ有効に機能していた、とみなされよう。しかし、問題は危機においてどうであったか、ということである。危機、すなわち不確実性が高く不安定かつ流動的な状況――それは軍隊が本来の任務を果たすべき状況であった―――で日本軍は、大東亜戦争のいくつかの作戦失敗に見られるように、有効に機能しえずさまざまな組織的欠陥を露呈した。
  • 戦後、日本の組織一般が置かれた状況は、それほど重大な危機を伴うものではなかった。したがって、従来の組織原理に基づいて状況を乗り切ることは比較的容易であり、効果的でもあった。しかし、将来、危機的状況に迫られた場合、日本軍に集中的に表現された組織原理によって生き残ることができるかどうかは、大いに疑問となるところであろう。日本軍の組織原理を無批判に導入した現代日本の組織一般が、平時的状況のもとでは有効かつ順調に機能しえたとしても、危機が生じたときは、大東亜戦争で日本軍が露呈した組織的欠陥を再び表面化させないという保証はない。

 

  • 本書は大東亜戦史上の失敗例として六つのケースを取り上げ、個々のケースにおける失敗の内容を分析した。六つのケースとは、ノモンハン(執筆担当・村井、軍事史専攻)、ミッドウェー(同・鎌田、組織論専攻)、ガダルカナル(同・野中、組織論専攻)、インパール(同・戸部、政治外交史専攻)、レイテ(同・寺本、組織論専攻)、沖縄(同・杉之尾、戦史専攻)である。各ケースの詳しい内容と分析は1章に譲り、ここではそれぞれのケースを取り上げた理由を簡単に説明しておこう。
  • まず、ノモンハンは、大東亜戦争には含まれないが、その作戦失敗の内容から見て、大東亜戦争におけるいくつかの作職の失敗を、すでに予告していたと考えられる。たとえば、そこでは作戦目的があいまいであり、しかも中央と現地とのコミュニケーションが有効に機能しなかった。情報に関しても、その受容や解釈に独善性が見られ、戦闘では過度に精神主義が誇張された。これらの点を含む日本軍のさまざまな組織特性や欠陥は、あとで見るように、大東亜戦争開始後の重要な作戦でも、程度の差こそあれ、一様に繰り返されたのである。また、ノモンハンでの失敗は、ほとんど学習されることがなかったのであり、その意味でノモンハンは、比喩的にいえば、失敗の序曲でもあった。
  • ミッドウェーとガダルカナルは、よく知られているように、それぞれ大東亜戦争における海戦と陸戦のターニング・ポイントであった。それまで順調に軍事行動を進ませてきた日本は、この二つの作戦の失敗を転機として敗北への道を走り始めたのである。とくにミッドウェーは、作戦の成功と失敗の分岐点を明らかにする事例としても、注目される特徴を有している。この作戦の失敗には、作戦目的の二重性や部隊編成の複雑性などの要因もからんでいるが、米軍の成功と日本軍の失敗とを分かつ重大なポイントとなったのは、不測の事態が発生したとき、それに瞬時に有効かつ適切に反応できたか否か、であった。ミッドウェーのケースでは、この点に着目して分析がなされるであろう。
  • 他方ガダルカナルでは、やはり他の失敗した作戦と同じく、情報の貧困や兵力の逐次投入といった点が指摘されると同時に、太平洋戦場で反攻に移った米軍が水陸両用作戦を開発しそれを効果的に用いたのに対し、日本軍がそれにまったく成功しなかった点にも注意が向けられる。陸戦のターニング・ポイントとしてのガダルカナルには、日本軍がそこで実施すべき水陸両用の統合作戦の開発を怠ってきたことの欠陥や失敗という一面もあったのである。
  • インパール、レイテ、沖縄は、日本の敗色が濃厚となった時点での作戦失敗の主要な例である。いうならば、 この三つの作戦は、本来的な意味における「敗け方」の失敗の最も典型的な事例を提供してくれる。インパールは、しなくてもよい作戦を敢行した、いわば賭の失敗であった。そのケース分析では、戦略的合理性を欠いたこの作戦がなぜ実施されるに至ったのかという点に着目し、主に作戦計画の決定過程に焦点を絞るとともに、人間関係を過度に重視する情緒主義や、強烈な使命感を抱く個人の突出を許容するシステムの存在が、失敗の主要な要因として指摘される。
  • レイテは、まさに"日本的”精緻をこらしたきわめて独創的な作戦計画のもとに実施されたが、いぜんとして作戦目的はあいまいであり、しかも、精緻な統合作戦を実行しうるだけの能力も欠けたままであった。そして参加各部隊(艦隊)は、その任務を十分把握しないまま作戦に突入し、統一指揮不在のもとに作戦は失敗に帰したのである。任務の把握の不徹底という点に着目すれば、レイテの敗戦は、自己認識の失敗であったともいえよう。さらに、その自己認識の失敗は、能力不相応の精緻な作戦計画や、事前の戦果の非現実的な過大評価にも通じるものであった。
  • 大東亜戦争最後の主要作戦たる沖縄でも、相変わらず作戦目的はあいまいで、米軍の本土上陸を引き延ばすための戦略持久か航空決戦かの間を、揺れ動いた。ここでもいくつかの要因によって戦略的合理性が貫徹されなかったが、とくに注目されるのは、大本営と沖縄の現地軍に見られた認識のズレや意思の不統一である。このケースでは、米軍の上陸に対して効果的な措置をとることに失敗した根源を、大本営と現地軍との間の対立や妥協から生まれた戦略策定の非合理性ととらえ、そこに分析のメスが入れられるであろう。
  • 以上六つのケースは、大東亜戦争における主要な作戦のすべてを網羅したものではない。しかし、日本軍の組織特性や欠陥から失敗の本質をえぐり出そうという本書の目的からすれば、 この六つのケースが最も典型的な「失敗」の例を提供してくれるし、また、六つのケースの分析でわれわれの研究目的にはほぼ十分であろうと思われる。陸戦四、海誠二、という配分も、それぞれのなかに陸海統合作戦的なものも含まれているので、ほどよいバランスといえるであろう。

 

 

 

 

 

yamanatan.hatenablog.com

yamanatan.hatenablog.com

yamanatan.hatenablog.com

yamanatan.hatenablog.com

yamanatan.hatenablog.com

yamanatan.hatenablog.com

 

toyokeizai.net

  • 『失敗の本質』で最も重い指摘は、日本の中に潜む「適応が適応性を妨げる(Adaptation precludes adaptability.)」という過剰適応とそれによるレガシー(遺制)への幽囚です。戦後の経験と体制を完成形にしてしまい、そこから逃れられない。「永遠平時国家」から脱皮できない。

  • 日米同盟を維持しつつ、アメリカから自律し、自ら国を守る。経済安全保障政策を確立する。有事の体制をつくるため、法制度を洗い直す。コロナ危機は、日本にそうした覚悟を求めているのだと思います。

books.j-cast.com

  • 太平洋戦争の敗戦は、日本軍の「大本営発表」による事実の隠蔽やねつ造が、国民に敗戦の可能性を見えなくさせ、政府部内も含めて批判を許さなかった結果でもある。それに加担したメディアに大きな責任があった。それになぞらえれば、金融政策をめぐる現在の異様な言論空間の持つ意味は、きわめて重大である。

diamond.jp

  • 日本を震撼させた大震災をきっかけにして、水面下で抱えてきた多くの社会問題、経済の課題、国民生活や政治組織の問題が一気に噴出していると、私たち日本人は感じているのではないでしょうか。「第三の敗戦」とは、作家としても有名な堺屋太一氏が、下り坂の20年の末にきた東日本大震災を表現した言葉です。第一の敗戦は幕末、第二の敗戦は太平洋戦争(大東亜戦争)なのだそうです。
  • 最前線が抱える問題の深刻さを中央本部が正しく認識できず、「上から」の権威を振り回し最善策を検討しない。部署間の利害関係や責任問題の誤魔化しが優先され、変革を行うリーダーが不在。『失敗の本質』で描かれた日本組織の病根は、いまだ完治していないと皆さんも感じないでしょうか。