読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大村智物語―ノーベル賞への歩み

 人と同じことや真似をしても価値が無い。真似をしたらそこで終わりだ。

自分がやったことはだいたい失敗してきた。時にはびっくりするくらい、うまくいくことがある。それを味わうと何回失敗しても怖くない。

レベルの高い人とお付き合いすることが大事である。レベルの高い人達と付き合っていると、いつしか自分のもそのレベルになってくる。そのためには自分を磨いて、いい仕事をしなければならない。

学術研究の現場は、世界で初めての発見や初めての理論構成の完成だけが価値を持ちます。世界初でなければ意味がありません。・・・二番煎じでは特許も取れないしノーベル賞も受賞できないのです。

 ブレナー「科学を前進させるために最も適した人物は、郊外からやってきた人である。文化についても同じことが言える。移住者は新しい発見をするために最も適した人だ。」

 科学者と芸術家との共通性・・・絵でも同じで、この絵はあの人の作品だと一目で分かるくらいにオリジナリティーがないと価値が無い

大村智物語―ノーベル賞への歩み

大村智物語―ノーベル賞への歩み

 

 

広告を非表示にする