読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しかしユースでプレーするインザーギを

しかしユースでプレーするインザーギを毎週眺めるうちに、気になったことが1つだけあった。「ボールがだな、何かこう、ひどく不自然にやつの足元へ転がっていくんだ。何かしらの形でね。」「いつだったか、彼に指示したことがあってね。ふらふらとよくわからん動きをしていたから。こう動けと。しかし全然言うことを聞かず感じるままに動いて、最後には点をとってしまった。」「最近の若いのはやたら上手い。求められる役割も多様化しているからな。ただ、インザーギのような、ゴールさえ決めればいいんだというような、ある意味傲慢な選手は、もうほとんどいないな」

Number20110210

広告を非表示にする