People in academic departments disagree about who to hire.

In 1991, the University of Minnesota hired Nobu Kiyotaki. Remember that Blanchard and Kiyotaki (1987) was a key innovation in Keynesian economics. The Minnesotans were not doctrinaire about it. They saw a smart and productive guy, hired him, and he went on to do more great things. He now works in the Princeton econ department, with Krugman.

1991年、ミネソタ大学は清滝信宏を雇った。ブランシャール=清滝(1987)がケインズ経済学の重要な革新的研究だったことを思い起こして欲しい。ミネソタ大学はそうした学派的なことにはこだわらなかった。彼らは賢くて生産的な男を目の前にして、彼を雇うことにし、彼はさらに素晴らしい研究を積み重ねた。彼は現在はプリンストン大学の経済学部におり、クルーグマンの同僚となっている。

d.hatena.ne.jp

広告を非表示にする