読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マネーボール

m book
  • 伝統を守りたがるスカウトたちは、・・実績重視型と呼ぶ。スカウトの仲間内では軽蔑的なニュアンスの言葉だ。新人選手はあくまで心の目で見て評価すべき、というのが旧来の野球人の常識だ。
  • 野球は確率論的な思考を促す連続メロドラマなんです
  • 投資家も野球人も、信念と偏見に引きずられているんです。極端なことを言えば、そういう人たちをみんな切り捨ててデータだけを頼りにすれば、どんなにか有利でしょう。
  • 「主観的評価を排除したいだけ」
  • 異端でも構わない。異端とはチャンスを意味する。出塁の才能は、他の能力に比べて著しく過小評価されているのだ。四球による地味な出塁となればなおさらだろう。守備能力や足の速さは忘れていい。打率よりも出塁率が、アウトにならない確率が、なによりだいじなのだ。
  • だいじなのは個人を復旧することではない。集団全体を復旧することだ。
  • 完全な選手は獲れません。どこかしら弱点があるから、アスレチックスが獲得できるわけです。
  • 結果じゃなくて、過程を見ているんです。世間では、過程より結果によって判断を下す人が多いみたいですけどね。
  • 長いシーズンとは違って、プレーオフはあまりにサンプルサイズが小さい。・・選手の技能の違いによって生じる得点差は1試合平均1点ぐらい。ところが、運の違いによって生じる得点差は1試合平均4手ぐらいだという。・・科学的な野球がやはり有利ではあるが、つきの要素の方がさらに大きい。
  • 「僕たちのやり方がダメだと、このまま信じていてもらいたいですね。そうすれば、僕たちはあとまだ何年か優位に立てます。」
マネー・ボール〔完全版〕

マネー・ボール〔完全版〕

 
マネー・ボール (RHブックス・プラス)

マネー・ボール (RHブックス・プラス)

 
マネー・ボール 奇跡のチームをつくった男

マネー・ボール 奇跡のチームをつくった男

 

 

広告を非表示にする