読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

零の発見―数学の生い立ち

有限少数は分数に直ちに直せるのであるし、また、循環無限少数を四捨五入せず無限少数のまま扱うにした所で、これまた分数を書きなおしたものに過ぎないとすれば、何も少数などというものを新しく導入しなくても良さそうに見える。実際、0.7142857...などと…