t

統計学をまる裸にする

<アメリカの統計学啓蒙本を読んだことがない人・初学者にはおすすめ。一冊以上読んだことがあるなら、そこまで目新しい話が多いわけではない(いい本だとは思う)。 私は高校で物理学が大好きだった。でも物理学はスミス先生の講義で私が拒否してきたのとま…

ツイッター創業物語 金と権力、友情、そして裏切り

エブが耐えられる唯一の友達のコオロギが、ガレージのあちこちに集まって、パソコンにしかわからない言語を学んでいるエブを励ました。 最初に@を使ったのは、アップルの若手デザイナーのロバート・アンダーセンで、2006年11月2日、弟とのやり取りで…

ちょっと今から仕事やめてくる

一方俺は、その人間力とやらが自分には備わっていると思っていた、ただの阿呆だ。社会というものを完全になめていた。 いいか、この世界は数字の取り合い、蹴落とし合いなんだよ。入って半年の新人に大型契約なんて取られたらなあ、俺はその倍の数字を期待さ…

The Use of Structural Models in Econometrics

Further, without the ability to simulate counterfactuals and more generally to make claims of external validity, the role of empirical analysis is limited to analyzing historical past events without being able to use this accumulated knowl…

天才たちの日課

この本に登場する人々のほとんどはその中間ー日々仕事に励みながら、その進み具合に途切れるのではないかと、つねに不安に思っている。そして、誰もが時間をやりくりして仕事をやり遂げている。 W・H・オーデン その日のうちにやりたいこと、やらねばならな…

The science that’s never been cited

Many scientists harbour false impressions about uncited research - both its extent and its impact on scholarship. the database doesn't track many regional-language journals that, if taken into consideration, would narrow the gap rates of u…

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

対象が異性であろうが、鳥類であろうが、情景の念は知識欲を喚起する。異性を研究しすぎたものは、ストーカーの汚名のもとに逮捕されるが、鳥への興味は学問に至った。 おそらく、一般に名前が知られている鳥類学者は、ジェームズ・ボンドぐらいであろう。英…

TEAM OF TEAMS (チーム・オブ・チームズ)

ネルソンがつくりあげたものは、命令を単純に実行するのではなく、個人のイニシアチブと批判的思考を大切にする組織文化である。ニコルソンの説明によれば、「ネルソンは市場を作り上げたが、いったん市場が出来上がると、部下の積極性に任せた。こうして、…

Team Geek ―Googleのギークたちはいかにしてチームを作るのか

ソフトウェアを書くスキルがあれば、職を失うことはないだろう。しかし、他人とうまく付き合う能力を組み合わせれば、世界を変えることが出来る。本書は優れたプログラマになるための本ではない。最高のプログラマになるための本だ。Clay Johnson ミーティン…

直感力を高める 数学脳のつくりかた

脳は非常に注意深い状態とリラックスした安静状態の2種類のネットワークを適宜切り替えていることが分かってきた。「集中モード」と「拡散モード」 集中モード思考は数学や科学の学習に欠かせない。合理的・逐次的・分析的方法を使って問題を解くときには、…

小さな計画は

小さな計画は立てないように、そういうものは人の魂を揺り動かすような魔力はないのだから。 フランク・ロイド・ライト - Wikipedia

統計はこうしてウソをつく―だまされないための統計学入門

数年前、ある全国調査で米国の成人の2%がUFOに誘拐されたことがあるという推定値が出た、という報道があった。「あなたはUFOに誘拐されたことがありますか」ときいたのだろうか。そうではない。・・・UFOに誘拐されたことがある人には、誘拐されたと自覚し…

超ヤバい経済学

生理による休みで、その銀行における男女の賃金格差の14%が説明出来ると結論付けている。 出来るようになろうって長いこと練習しなくても並はずれた成績が出せる人が誰かいるっていう確かな証拠は、実はびっくりするぐらい見つかってないんだよ。サッカーで…

統計という名のウソ―数字の正体、データのたくらみ

本物の因果関係は擬似相関ではない。しかし、ここから論理上の大問題が持ち上がる。ある関係が擬似相関でないと絶対確実に証明することは決して出来ないのだ。何かまだ検討されていない変数を考慮したら、その関係が擬似相関であることがあらわになるという…

東工大講義 生涯を賭けるテーマをいかに選ぶか

下村脩 アマチュアリズムはハンディキャプではない、最初にぶち当たった困難をまず解決しろ、一度ギブアップすると次もまたギブアップすることになるだろう。先入観にとらわれることはハンディキャップです。先生が言ったことを鵜呑みにしていてはダメです。…

炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学

肉や魚などのタンパク質は、胃酸ですみやかに消化されて小腸に送られるため、異滞留時間は数十分間程度である。逆に、ご飯や麺類は胃酸では消化されず、いつまでも胃の中に留まっている。 糖質とは、「血糖値を上げる栄養素(食品)」・・・血糖が増えると人…

対象によって学問になるか否か

対象によって学問になるか否かを判断する馬鹿が日本にも溢れている。学問の成否は対象ではなく方法にある。人々が最も注目する社会現象が常識的理解とはまったく異なる動機付けから成り立つとする君の業績は素晴らしい。絶対にこれを続けるべきだ。 (小室直…

天文学は聖職に似ている。

「天文学は聖職に似ている。人は召命なくして天文学の道に進むべきではない。そして私はまぎれもない召命を受けたのだ。たとえ二流、三流にしかなれないとしても、天文学をやることこそが重要だと私にはわかっていたのだ。」「私は、一流の法律家であるより…

ツレがうつになりまして。

派手さはないけど堅実な作り込みが感じられる映像作品化の数少ない成功例かなと。堺さん巧いのはいつも通り、宮崎あおいってなんだかんだ良作出まくってるし、やっぱりすごいんだな。あー、イグアナが飼いたい。 ただなんでだろうか、あんまり感動はしなかっ…

中年英語組

mustを使う場合、語り手の個人的な感情が入っていると受け取られる。一方、have toは単なる事実を述べる場合に使うこととされている。 アメリカに行った最初の頃、恥ずかしい思いをしたことがある。大学のカフェテリアで本を読んでいたとき、見知らぬ女子学…

調理場という戦場―「コート・ドール」斉須政雄の仕事論

「常識はしょせん人間の作ったものだから、自分の常識を作ればいいじゃない?」常識に迎合している若い子と言うか、年寄りじみた言動をする子をみると、腹が立ちますね。 僕には資質がないのだから、やりすぎぐらいが当たり前のはずだ。「やりすぎを自分の常…