読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プライベートバンカー カネ守りと新富裕層

証券営業は顧客の奪い合いでもある。野村では他の野村支店の顧客を取ってくると、社内で評価された。「この世界は野村同士でも弱肉強食だ。お客さんを取られる方が悪い」・・・逆に、日興証券や山一證券の客を引っ張ってきても、「何だ、それは?」という感…

Team Geek ―Googleのギークたちはいかにしてチームを作るのか

ソフトウェアを書くスキルがあれば、職を失うことはないだろう。しかし、他人とうまく付き合う能力を組み合わせれば、世界を変えることが出来る。本書は優れたプログラマになるための本ではない。最高のプログラマになるための本だ。Clay Johnson ミーティン…

世界のへんな肉

一度、味を覚えてしまうと、もふもふしたあどけない顔の動物も、もはやただの肉にしか見えません。日本でも動物園にいる動物たちを指さして「あいつはうまいが、こいつはまずい」と教えて友人たちをドン引きさせてしまうようになりましたが、もし地上から豚…

ビジネスモデル・ナビゲーター

2013年に実施されたボストンコンサルティンググループとMITスローンビジネススクールの共同調査では、事業の持続性に関する成功要因がビジネスモデル・イノベーションであるとの調査結果が記されている。同調査では、このようなイノベーションを実施した企業…

シェアリングエコノミー

MITの経済学者エリック・ブリニョルフソンと共同研究者(ロリン・ヒット、ティモシー・ブレスナハン、プラサンナ・タンベなど)が一連の研究から得た結論は、デジタル技術には企業の経済活動の生産性を劇的に改善する可能性が秘められているが、この生産性向…

直感力を高める 数学脳のつくりかた

脳は非常に注意深い状態とリラックスした安静状態の2種類のネットワークを適宜切り替えていることが分かってきた。「集中モード」と「拡散モード」 集中モード思考は数学や科学の学習に欠かせない。合理的・逐次的・分析的方法を使って問題を解くときには、…

GDP――〈小さくて大きな数字〉の歴史

アメリカの経済分析局がGDPを「20世紀でもっとも偉大な発明のひとつ」と称したのも、あながち誇張とはいいきれないだろう。・・・GDPは20世紀の経済における急速なイノベーションやデジタル化された無形サービスには対応しきれていない。 国の経済全体の大き…

シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略

作家のクライブ・ハミルトンが説くように、「買ったものと使うものの差が、すなわちムダ」だ。 現代の物質主義は、私たちの欲望をあおることによって成り立っている―決して満たされることがない欲望によって:「快楽の踏み車」と表現する。必死に働いてたく…

GILT(ギルト) ITとファッションで世界を変える私たちの起業ストーリー

「何かを創造して、もっと大きな自分になりたい」 ギルトはショッピングを、他の人達と競争し、短時間で中毒性のあるスリルを味わう娯楽に変えるだろう。 アレクサンドラ、MBAを取得したら、もう金融業界には戻らずファッション業界に行く、と約束してくれ。…

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

要するに、どんな分野であれ、大きな成功を収めた人たちには断固たる強い決意があり、それがふたつの形となって現れていた。第一に、このような模範となる人達は、並外れて粘り強く、努力家だった。第二に、自分が何を求めているのかをよく理解していた。決…

悪いヤツほど出世する

2012年ライトマネジメント仕事満足度調査・・・ 全世界で約3万人の被用者を調査した結果、国によってばらつきはあるが、28~56%が今の仕事を辞めたいと答えたという。・・・ギャラップ2012年調査・・・アメリカでは仕事に意欲的な被用者は全体…

Yコンビネーター シリコンバレー最強のスタートアップ養成スクール

スタートアップを起業するのに最も適した年齢があるとするならカルビンたちがそれだった。学部学生よりは多少成熟しているものの、まだ家のローンや子育ての重荷を背負っていない。そういう年齢になってしまうと、給料の良い安定した大企業の職を捨てるのは…

数学者たちの楽園: 「ザ・シンプソンズ」を作った天才たち

1951年、ニューズウィークはナードnerdとは、デトロイトで流行っている貶し(ちなみに読みはけなし、とぼしではない!)言葉であると報じた。1960年台には、レンセラー工科大学(ニューヨーク州トロイにある私立工科大学で、英語圏では最高の技術系大学。小…

いつも「時間がない」あなたに:欠乏の行動経済学

大規模なマーケティング実験で、一部の顧客には有効期限付きのクーポンを送り、他の顧客には同じような期限なしのクーポンを送った。すると、期限のないクーポンのほうが使える期間は長かったにも関わらず、使われる確率は低かった。・・・データ入力の作業…

科学という考え方 - アインシュタインの宇宙

それまで無関係だと思っていた複数の法則が、多様に見える自然現象の異なる表現であって、実は相互に関連しあっていることがわかれば、一段深いレベルでの理解に達したことになる。そうして法則相互の関係が説明できるようになった時、自然は全く新たな形で…

データサイエンティストが創る未来 これからの医療・農業・産業・経営・マーケティング

ビッグデータは強力な手段になりうるが、実のところ、限界も抱えている。コンテンツに―測定内容と測定方法に―大きく左右されるのだ。データはいつでも集められる。パターンは探せば見つかる。だが、そのパターンに意味はあるのか?本当に知りたいものを測定…

ヤバすぎる経済学

グレン・ワイルの投票の仕組みでは、有権者は好きなだけ何度でも投票できる。でもアイデアのキモは、投票する度にお金を払わないといけなくて、払う金額は投票した回数の2乗の関数で決まることにある。その結果、もう1回投票すると費用は前回の投票より高…

サイロ・エフェクト 高度専門化社会の罠

ウォール街やロンドンのシティで評価されるのは、MBAあるいは経済や金融、天体物理学をはじめとする定量的科学の修士号や博士号だ。タジク人の結婚の風習というのは、世界経済や銀行システムについて執筆するのにおよそ相応しい予備知識とは思えなかった。 …

データを正しく見るための数学的思考

「数学で最善のことは、課題として学ぶに値するだけでなく、日常的な思考の一部として消化し、常に意欲を新たにして何度も心の目の前に置くのにも値する」バートランド・ラッセル「数学の勉強」(1902) 数学を知るというのは、世界のごちゃごちゃしたカオス…

SUPER BOSS (スーパーボス)【後半】

オラクルで身につくスキルで特に重要なのは、チャンスです。オラクルの素晴らしいところを一つ挙げるなら、新しい責任を社員に次々と投げてくることに尽きます。 スーパーボスが常にチャンスを探すのは、部下の潜在能力を広く見ているからだ。普通のボスなら…

SUPER BOSS (スーパーボス)【前半】

それぞれの業界で一流と呼ばれる50人の内15~20人ほどは、一人かせいぜい2,3人の同じ才能養成者のもとで働いたか、教えを受けたことがあるのだ。こうした才能養成者を、本書ではスーパーボスと呼ぶ。また、人材だけでなく各業界のイノベーションに…

成功する子 失敗する子――何が「その後の人生」を決めるのか

ヘックマン・・・何をするよりも、誰かと一緒に過ごすよりも、方程式を解いている時のほうがくつろげた。十代の頃には頭のなかで大きな数字を最小の要素である素数へと分けるのが楽しみの一つだった。数学者が素因数分解と呼ぶものだ。十六歳になって郵便で…

美貌格差: 生まれつき不平等の経済学

テキサス大学のジュディス・ラングロワ・・・人の美しさや、特に人の醜さに関する意見は人生のとても早い時期、おそらく幼年期のうちに形成される。対称性は美しい。左右対称な顔は美しく、逆に非対称なほど醜い顔と認識される。 何よりもまず、何をもって美…

算数・数学はアートだ!: ワクワクする問題を子どもたちに

船を造りたかったら、人に木を集めてくるように促したり、作業や任務を割り振ることをせず、果てしなく続く広大な海に憧れることを教えよ。 アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ 数学はアート(芸術)だということです。 数学者は、画家や詩人と同様に、様式…

面白ければなんでもあり

人生のあらゆる出来事すべてを加点法で考えてきたことです。加点法をシンプルに説明すれば、なにもないところに、物事の良いところを加点、つまり評価を乗せていく・・・という考え方です。それを人生の出来事に当てはめると、○○だから面白い!☓☓だから好き…

ペンローズのねじれた四次元 : 時空をつくるツイスターの不思議

ようするに、「場」という考えをもとにしたマックスウェルの電磁気学が、ニュートン力学と相容れない、という困った状況だ。 マックスウェルの電磁気学=近接作用 ニュートンの古典力学=遠隔作用 マックスウェルの理論では、力は、光速で伝わる。ところが、…

ヤバい社会学

僕は社会科学という分野全般に腹をたてるようになった。つまり、ある意味、僕は自分に腹を立てていたのだ。社会学者がいつも使っている道具では、僕が目にする人の苦しみを救えなさそうなのが頭にくる。貧しい人たちに家を与え、教育を与え、仕事を与えよう…

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの

2002年当時、・・・ネットの広告技術の研究なんて、未だ誰もやっていなかったので、私は自分の提案に自信を持っていた。・・・面接の会場で・・・先生方から言われた言葉・・・「広告なんてくだらないものをやるな」「言葉のネットワークが簡単にできますな…

統計はこうしてウソをつく―だまされないための統計学入門

数年前、ある全国調査で米国の成人の2%がUFOに誘拐されたことがあるという推定値が出た、という報道があった。「あなたはUFOに誘拐されたことがありますか」ときいたのだろうか。そうではない。・・・UFOに誘拐されたことがある人には、誘拐されたと自覚し…

ヨハン・シュトラウス―ワルツ王と落日のウィーン

ウィーンフィルは新年恒例のお楽しみになっているし、シュトラウスⅡ世はお気に入りの作曲家だが、人となりはまるで知らなかった。シュトラウスの伝記はなかなか珍しいのではないだろうか。それにしてもあの華麗で優美な音楽とはあまりに対照的なドロドロ人生…

行動ゲーム理論入門

ロバート・オーマンは、「ゲーム理論において最も重要な未解決問題は何であるか」との質問に、それは、意思決定にどれだけの資源や時間をかけるかをめぐる計算コストの問題である、と答えている。 行動ゲーム理論入門 作者: 川越敏司 出版社/メーカー: エヌ…

啓蒙とは何か

人間のあいだに存する不平等、それも自然が彼らに与えた資質や、たまたま幸福に巡り合ったために得たところの財物の不平等ではなくて、各人が等しく与うるべき人間の権利の不平等であろう。ルソーがこの種の不平等を痛感したのは、まことに尤もな次第である…

心は実験できるか―20世紀心理学実験物語

認知的不協和の理論は、信念に反する行動に対する報酬の価値が低ければ低いほど、信念を変える可能性が高くなると予測する。ひとかけらのキャンディで、一本のたばこで、一握りのコメで自分の魂を売ったとするなら、なぜそうしたのかはっきりと納得できる理…

高校数学とっておき勉強法

我々が頭が切れる、と感じる生徒は、問題に対して的確に素早く対処できる生徒であり、それが数学の天才と世間では思われているのである。これは間違ってる。なぜなら、少なくとも人類の歴史上、優秀な業績を残した数学者の伝記を読んでも、彼らが、とても頭…

フォン・ノイマンの生涯

フォン・ノイマンの生涯 (朝日選書) 作者: ノーマンマクレイ,Norman Macrae,渡辺正,芦田みどり 出版社/メーカー: 朝日新聞社 発売日: 1998/09 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 16回 この商品を含むブログ (16件) を見る

超ヤバい経済学

生理による休みで、その銀行における男女の賃金格差の14%が説明出来ると結論付けている。 出来るようになろうって長いこと練習しなくても並はずれた成績が出せる人が誰かいるっていう確かな証拠は、実はびっくりするぐらい見つかってないんだよ。サッカーで…

統計という名のウソ―数字の正体、データのたくらみ

本物の因果関係は擬似相関ではない。しかし、ここから論理上の大問題が持ち上がる。ある関係が擬似相関でないと絶対確実に証明することは決して出来ないのだ。何かまだ検討されていない変数を考慮したら、その関係が擬似相関であることがあらわになるという…

ロバート・フロスト―哲学者詩人

数学的思考を除いたすべての思考は、隠喩的なのです。数学を除外したことで、フロストはデカルト的方法論と現代の実証主義的科学者による科学の濫用を拒んだのだ。 彼は物理学者ヴェルナー・ハイゼンベルクが立てた原理を次のように要約している。「あるもの…

ゲーミフィケーション―<ゲーム>がビジネスを変える

外発的動機付けとは報酬や罰を理由に動機づけられることを指す。一方、内発的動機づけはその逆に外部からの報酬や罰によってではなく、自ら活動それ自体に動機づけられることを意味している。・・・ゲーミフィケーションとは、外発的動機付けとの境界線的な…

0ベース思考---どんな難問もシンプルに解決できる

経済学的アプローチっていうのは、もっと幅広くシンプルな考え方だ。直感や主義主張は脇にどけて、データを元に世の中の仕組みを理解し、どんなインセンティブがうまくいくのか行かないのか、また(食料やら交通手段やらの)具体的な資源や、(教育やら愛情…

プロ野球 名人たちの証言

高橋慶彦 プロの世界って、要はギャップを埋めることから始まるんです。誰もがボールを遠くへ飛ばしたいと思っている。練習ではバッティングピッチャーが投げる遅いボールを遠くへ飛ばそうとするのですが、いざ試合になると、練習とは全然、違うボールがくる…

必ず出会える! 人生を変える言葉2000

質の高い仕事をする人には一つの共通項が有る。一人で処理しきれないほど、多くの仕事を抱え込んでいることだ。・・・・150%以上の仕事量を抱えて初めて、100%の能力を出しきることになるのである。堀場雅夫 それまでに経験した失敗は、人生観を見出…

ぼくらの仮説が世界をつくる

ベンチャーなのに「前例主義」的になってしまったわけです。前例主義というのは、「情報→仮説」という順番で物事を考えることで起きます。 そもそも、編集者って何のためにいるのでしょうか?類書の売上データを見て、売上を予想するなら、人工知能で十分で…

エコノミストの昼ごはん――コーエン教授のグルメ経済学

アメリカの食べ物が駄目になったのはなぜか。・・・アメリカでは、食品の供給網があまりにも急速かつ徹底的に商業化されてしまったせいで、味よりも効率が重視されるようになったというのだ。・・・これまでの通説の誤りを正したいと思う。・・・商業主義こ…

意識はいつ生まれるのか――脳の謎に挑む統合情報理論

ガリレオ・ガリレイ以降、科学者たちは自然を研究するに当たり、主観性を排する努力を懸命に続けてきた。科学的な法則は全て、物体の客観的な観察を元に生み出される。観察者の主観によるものではないと思われるデータを集めるのである。自然を描写する重要…

ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える

恋愛小説家という映画の決め台詞をご存知ですか?ジャック・ニコルソンがヘレン・ハントにこういうのです。君と出会ったおかげで、もっといい人間になりたいと思うようになったよ。 ラリーとセルゲイがモンテッソーリの子供だったことを知らなければ・・・Go…

ヤバい統計学

純粋科学の追求には、時間的な制約はめったにない。極端な例を上げれば、数学者のアンドリュー・ワイルズは7年がかりでコツコツと「フェルマーの最終定理」を証明した。しかし応用科学者にはそのような贅沢は許されない。限られた時間内に最善の努力をしな…

大村智物語―ノーベル賞への歩み

人と同じことや真似をしても価値が無い。真似をしたらそこで終わりだ。 自分がやったことはだいたい失敗してきた。時にはびっくりするくらい、うまくいくことがある。それを味わうと何回失敗しても怖くない。 レベルの高い人とお付き合いすることが大事であ…

経済学の宇宙

宇沢先生が最初に持たれた講義の題目は「経済変動論」でした。黒板の前に立ち現れると、いきなり消費者選好に関する新古典派の公理系について解説を始められたのには面食らいました。苦笑交じりのどよめきが教室に起こりました。幸い、消費者選好の遷移率や…

できそこない博物館

アシモフはアイデアの発生に関して「異質なものを結びつけよ」と書いている。必ずしもそればかりとは限らないが、ひとつの原理であることはたしかといえる。 いやしくも文章で生活するとなると、ある水準以上のものを書かなかればならない。どうすればいいか…