Depot

つれづれなるままに、日暮し、PCにむかひて、心にうつりゆくよしなしごとをそかはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

Curriculum Vitae

Yamanatan Kac

日本科学技術大学理学部物理学科(上田次郎ゼミ)

帝都大学大学院理工学部物理学科(湯川学ゼミ)

Ph.D.

專門:システム科学

f:id:yamanatan:20151229233043j:plain

About #stars

  • ☆ (must read)
  • ☆☆☆ (nice read)
  • ☆☆☆ (partly interesting)

Favorite Food

  • Chocolate-mint ice cream
  • Gōngbǎo Jīdīng(宮保鶏丁)

What I don't like

  • 手段と目的が一致しないこと
  • 本質的でないこと
  • 無知なのに傲慢な人
  • 自己愛性パーソナリティ障害な方々

Favorite Drama

Favorite Movie

Favorite Anime

Dream

  • 黒猫を飼ってセーレムって名付けること
  • 図書館に住む(家を図書館にする)こと
  • フレンズみたいな友達関係を築くこと
  • ウィーン・フィルニューイヤーコンサートを生で聞きに行くこと
  • 出演者全員コスプレの結婚式をあげること

例えばこういうの

Dunafon Castle Wedding - Heather and Bobby — Philadelphia Wedding Photographers - The Willinghams

  • 全編オペラ(参加者も台本付きでガチで参加させる)の結婚式をあげること
  • イビサ島マヨルカ島に新婚旅行に行くこと。 

帝都大学の有名人について

  • 僕の指導教官でもある湯川学帝都大学物理学助教授(准教授)
  • 理工学部の名物教授といえば、渡来角之進教授。何言ってるかわからない講義で有名
  • 附属病院の下村教授。奥さんと娘さんが美人揃いであることでも有名。
  • UCLA元教授の国立笙一郎さんはうちの医学部出身。
  • 学生時代に文学部を主席で卒業され、現在は文学部で心理学を教えている秋山教授。よく一緒にいる女の人は奥様?
  • 同じく心理学専攻で帝都大学史上最年少で教授になった葛城リョウ先生。秋山さんと葛城さんは学生時代にライバルだったとかいう噂も・・・。
  • 今は刑事になったらしいですが、昔は動物生態学分野で有名だった都島さん。
  • 講義しに来ている推理作家の高村耕司さん。
  • 直森賞、菊川賞、国際文学芸術賞大賞受賞作家の宇佐見さんはうちの法学部OB。

ウォーレン・バフェット成功の名語録

秘訣は、次の二つにまとめられるだろう。

  1. 原則を立て、それを貫く
  2. 自分に投資し、自分を貫く

「本当の投資家であれば、自分が群衆とはまったく逆の売買をしていると考えることに充足感を覚えるものなのである」とは、ベン·グレアムの言葉だ。賢明なる投資家は、群衆とは反対の行動をとることで勝つ。これは、バフェットも同じ考え方である。
「他人が貪欲になっている時は恐る恐る、周りが怖がっている時は貪欲に」

胴元にとってよいことは、顧客にとってよいことではないことを投資家は理解すべきです。あなたの懐を満たすことのできない人間に限って、確信を持ってあなたに何かを吹き込もうとするのです」

株価が下がると、「今、株に手を出すのは危ない」などとリスクの大きさを警告する人
がいるが、バフェットはリスクをそんな一般論ではとらえない。最大のリスクは、やっていることを当人が理解していないことだと考える。

バフェットが「ノー」を相手が説明途中でも言い渡すのは、相手の時間を大切にするからでもある。さんざん話を引っ張って期待を持たせたあげくに「ノー」を告げるのは相手の時間を浪費することであり、バフェットの流儀ではなかった。

バフェットは、自信があるときにしか投資をしない。だから、自分のお金だけを動かすときは、こういう集中投資を何度かしている。「分散投資でリスクを減らす」は、グレアムに限らず、世間一般の常識だ。しかし、バフェットが「常識」で動くわけもなかった。「場合によっては、注ぎ込む金額が少ないことが、かえって失敗になることがあります。」

大事なのは、自分が好きなことをとびきり上手にやることです

これまでバフェットからゲイツが受けた最良のアドバイスの一つが次の言葉だという。「本当に重要な事だけを選んで、それ以外は上手に『ノー』と断ることも大切だよ

企業の成功には、情熱的で優れた経営者が欠かせないからだ。だが一方で、とびきり優秀な経営者でも、事業に優位性がなければ成功させることが出来ないことも、よく知っている。

ゼロからマイクロソフトを立ち上げたビル・ゲイツは、コカ・コーラが事業として優秀なことを皮肉って、「この会社は、経営者が人間ではなくハムサンドイッチだったとしてもオーケーだ」と言ったが、それはバフェットにとって最大の賛辞だった。

「株を買うなら、どんな愚か者にも経営を任せられる優れた会社の株を買いたいと思うでしょう。なぜならいつかは愚かな経営者が現れるからです」

「人は習慣で行動するので、正しい思考とふるまいを早いうちに習慣化させるべきだ」

自分にとっていちばん大事な顧客は自分自身だと考えて努力するマンガーを、バフェットは高く評価している。・・・マンガーは・・・毎日一時間、自分のために働くことにした。早朝にそのための時間を設け、建設や不動産開発の仕事をしたんだ。

読む人によっては、年次報告書が思うように理解できず、自分の理解能力の低さを嘆くこともある。だが、バフェットはちょっと違う見方をしている。もし理解できないとしたら書き方が悪いのかもしれないと言うのだ。そして、そんな年次報告書を出す会社には投資しないと言う。なぜなら、会社側の、できれば理解してほしくないという姿勢が、行間から透けて見えるからだ。

 

 

 

編集中

 

 

ルービンシュタイン ゲーム理論の力

ここに6面のサイコロが一つある4つの面が緑色(G)で2つが赤色(R)である。GとRからなる3つの文字列から一つを選べ。サイコロは20回振られる。もし選んだ文字列が一連の結果に含まれていれば25ドルを受け取ることが出来るとする。

  1. RGRRR
  2. GRGRRR
  3. GRRRRR

確率と文字列の中のGRの割合が混同されることに起因しています。 サイコロの目の全体でGという結果の出る確率が3分の2になります。すると文字列RGRRRでは全体の5分の1がGなので、全体の3分の1をGが占める文字列GRGRRRよりも起こりにくいと感じられるのです。しかしサイコロの目の組み合わせの中に文字列RGRRRをもつける確率は文字列GRGRRRを見つける確率よりも常に高いのです。

 

一般に、統計的に有意であるという概念を機械的に用いることは危険です。この概念を用いる際の論理は重要な仮定のもとに成立しています。しかし仮定は無視されるか、調べるべきなのに当然成立すると思い込まれているかのいずれかになりがちです。研究者や新聞の読者というのは仕分けをすることが大好きで、仕分けの背後に何があるか自問することはめったにありません。

例えば、経済学でありがちな有意性に関する検定は、計測誤差や書類作成上のミス、分析や報告上のミスと言った結果の信憑性に大きく影響しうる要因を完全に無視しています。そして、もちろん、研究者にも利害や思い込みがあります。すなわち意識的にせよ無意識的にせよ、報告結果が利害や思い込みに影響を受けることもありえます。研究者の信憑性に関する不確実性のほうが統計的検定を行う上で考慮される不確実性よりも遥かに影響が大きいと私は思います。

 

何年もの間、経済学における実験というのは研究費の無駄遣い以外のなにものでもないと私は思っていました。未だに定量的結果に強い関心を見出すことはなく、ある発想が納得の行くものかどうかを検証する最も信頼に足る方法は常識だと信じています。

しかし実験に対する尊敬の念も抱くようになりました。ある思考過程を連続して描写する一連の質問を構成することはそれはそれで芸術的なことだと認識するようになったためです。加えて、常識が時に豊富な経験を持った人ですら騙すことがあると理解するようになったためです。

私自身も、最初の段階で結果が好ましいものであると、実験をさらに拡張するのを避けたいという気持ちが強くなります。または、正しいと私が「知っていた」仮設を支持しない場合には結果を何度も調べずにはいられないのです。 結論が他の研究者によって否定された場合に辱めを覚える恐怖というのは経済学においてはほとんど存在していません。データを調べて実験を繰り返すという伝統がないからです。

 

結局私は合理的でありたいのか。

合理的人間が打ち負かされるのを観察して喜びを得ているとだけは言っておきましょう。合理的人間の完全無欠さが私は好きではありません。

血の通った人間として想像しようとすればするほど、私は合理的人間のことを辛抱のない人間であるばかりか非人間的であるとますます気づかされます。このような人間が現実に存在しないという事実、そして単純な引っ掛けてによって自分のことを合理的だと考えている人を誰彼となく笑い者にすることが可能であるという事実。この事実に私は喜びを見出します。

 

私には、誰がナッシュかを特定するのは困難でした。なにせプリンストンでは、とても多くの変人が芝生の上をうろつきまわっていたので。

 

私はゲーム理論家ジョン・マクミランの交渉に関する一章の要約の中にある言葉を思い出しました。『ゲーム理論は交渉者にどんなアドバイスを生み出したか?私たちが学んだもっとも重要な考えとは・・・相手の立場に身を置き、いくつかの行動を前もって考えておくことの価値である。

ゲーム理論とチェスはひょっとして人々を人の立場から状況を考えるようにするものの、それはただ自分にとって最善な行為をするためだけではないのだろうか、と。チェスの先生は戦略的思考と共感とを混同していたのです。

 

 

 

 

 

編集中

ルービンシュタイン ゲーム理論の力

ルービンシュタイン ゲーム理論の力

 

 

熊とワルツを

 勝つためにいちいち賭けをしていると、負けた時にとても許容できない重大な影響が出るかもしれない。

ソフトウェア・プロジェクトでは概して、勝つために特別なことをするより、負けの程度を抑えるほうが大事なのだ。

部下に向かって、精一杯力を尽くして(たとえ無茶なスケジュールでも)プロジェクトを期日に間に合わせてみろとたきつけることは、NASCARのレーサーに大事な仕事を任せるのと同じことだと理解する必要がある。その人はあらゆるチャンスに賭け、思いつく限りの悪い可能性を無視し、はかない勝利の望みをできるだけ長くつなごうとするだろう。それを何と呼ぼうと、リスク管理ではないことは確かだ。

「我々は予想することは下手ではない。ほんとうに下手なのは、その予想の裏にある仮定をすべて挙げることである」ポール・ルック

ソフトウェア・プロジェクト・マネジャーのほとんどは、やらなければならない作業についてはほぼ正確に予想できるが、やらなければならないかもしれない作業は正しく予想できない。

この業界は、早く終わるという第三の結果を事実上不当なものとみなすことで、期日どおりに完成する確率をほぼゼロにしているのだ。いい加減なスケジュールを許さないがために、むしろいい加減なスケジュールが例外ではなく当然になっている。

約束した納期への信頼を高めるには、早く完成することの正当性を取り戻さなければならない。そのためにも、企業文化を本気で改革する必要がある。プロジェクトが予定より早く完成することが安全になれば、発注者も、予定どおりに納品されることを期待できるようになってくる。納期とは別に現実的な目標を設定し、約束を守れることを周囲に示すという、長年先延ばしにしてきた仕事を始めることができる。

阻害要因

  1. マイナス思考をするな。
  2. 解決策が見つからない問題を持ち出すな。
  3. 問題だと証明できないことを問題だと言うな。
  4. 水をさすな。
  5. すぐに自分で解決を引き受けるつもりのない問題を口に出すな。

リスクを口に出すことをチームの利益に反すると見るべきではないが、そう見られることが多いのは事実である。これらの不文律は特にめずらしいものではない。責任ある発言と泣き言の区別ができていないのだ。

誰もが「やればできる」聖心で仕事をするよう強いられる。それが問題なのだ。リスクを口にだすことは「だきない」聖心のあらわれである。リスク発見は、組織のこのような基本姿勢とまったく相容れないものである。

阻害要因は強力なので、リスクについて話せるようにするには、明確に定められた理解しやすいプロセスが必要である。全員がプロセスに参加し、なおかつ安全でいられるための儀式が必要である。

我々の経験では、デスマーチ・プロジェクトに共通する性質として、予想される価値が低いことがある。どうしようもなくつまらない製品を世に送り出すためのプロジェクトなのだ。デスマーチになる本当の理由は、あまりにも価値がないので、普通のコストでプロジェクトを進めたらコストが効果を上回ることがあきらかだからだ。英雄的な献身がなければ、奇跡を期待することすらできない。

もっといい方法とは、予想される価値を基準に、どれだけリスクをとるかを決める方法である。今思えば、以前からそうしなかった最大の理由は、発注者に価値の数量化を求める厳しさが欠けていたことだ。特に価値の低いプロジェクトの場合、価値の数量化をかたくなに拒否する相手を黙って見守っていた。拒否する以外に、プロジェクトの体裁を保つ手段がないのだ。価値予想を宣言しなければ、開発コストの削減だけでプロジェクトを正当化できる。・・・「コストをこれだけ抑えれば、得られる価値がいくらだろうと、コストのほうが低くなるにきまっている」

熊とワルツを リスクを愉しむプロジェクト管理

熊とワルツを リスクを愉しむプロジェクト管理

 

 

不道徳な見えざる手

 花嫁の生涯でもっとも重要な一日のための準備においては、予算や価格は検討事項としては二の次にしか思えない。

 2010年のアメリカの勤労年齢世帯は、現金や当座預金貯蓄預金普通預金に1カ月の所得分すら保有していないという。さらに驚くことではないが、株式や債券の直接保有額のメジアン値はずばりゼロだった。イギリスの家計簿を使った支出調査を見ると、多くの世帯は単に次月の支払いをやりくりするので精一杯だという。月給を貰っている世帯の支出を見ると、給料日前の1週間では、給料日直後の1週間に比べて、丸18%も低下する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

編集中

不道徳な見えざる手

不道徳な見えざる手

 
  •  原題は Phishing for Phools だ。Fishing for Fools と言いなおしてみればわかりやすい。「カモを釣る」というわけだ。 Phool は造語だが、Phishing はすでに英語でも日本語でも定着している。すなわちフィッシング。ネット詐欺でおなじみの手法だ。

webronza.asahi.com

漫画201802

 

 

 

からかい上手の(元)高木さん☆☆☆☆

 元高木さん子育ても巧い!な1巻からややトーンダウンな2巻。子供がいると、どうしても同じ展開になってしまいがちなのか。ただ、エピソード「からかう」はヲチが秀逸だった。

からかい上手の高木さん☆☆☆☆

高木さんは相変わらず最高に可愛いんだけど、西片のものになると分かっているだけに西片への嫉妬が勝って素直に楽しめない。とか二次元にマジレスしてる時点で、すでにこの作品の虜。アニメも(ちょっとテンポはあれだけど)いい感じ。

hobby.dengeki.com

 あさひなぐ☆☆☆

 スポ根平常運転&真春先輩頑張れなやや読者的に苦しい展開、ラストが唯一の笑いどころ。

悪のボスと猫。☆☆☆

猫好きにはたまらないシュール漫画の第二巻。一番可愛いのはヒットマン

悪のボスと猫。 : 2 (アクションコミックス)

悪のボスと猫。 : 2 (アクションコミックス)

 

地方騎士ハンスの受難☆☆

面白くないわけではないけど、 同じような話の繰り返しで飽きが来た。

地方騎士ハンスの受難 4 (アルファポリスCOMICS)

地方騎士ハンスの受難 4 (アルファポリスCOMICS)

 

HUNTER×HUNTER

ちょっと話作り込みすぎです冨樫先生w

HUNTER×HUNTER 35 (ジャンプコミックス)

HUNTER×HUNTER 35 (ジャンプコミックス)

 

賢者の孫☆☆

 これといった見どころがありませんでした。

賢者の孫(6) (角川コミックス・エース)

賢者の孫(6) (角川コミックス・エース)

 

Dr.STONE☆☆☆☆

 本巻も満足度が高いですね!科学技術レベルをどこまで引き上げていくのか(いけるのか)含め、今後も注目です。Dr.STONEで科学に興味を持った子供向けに、Dr.STONE絡みの学習書(STEM分野)なども出していってほしいです。内容が難しくなって、読者アンケートが多少悪くなっても続けていってほしい漫画です。

無能なナナ☆☆☆☆

超能力者モノはガキ臭い設定や薄っぺらいバトルものになりがちですが、敢えて主人公を無能力者にすることで、頭脳戦を取り入れた点がユニーク、かつしっかりプロットが練られており、非常に完成度が高い作品です。

キングダム

 テンション持続できるのはすごいですね。

キングダム 49 (ヤングジャンプコミックス)

キングダム 49 (ヤングジャンプコミックス)

 

 異世界で最強の杖に転生した俺☆☆

 変化球異世界もの、設定は凝ってると思うけど、そもそものストーリーがあまり面白くない。好きな人は好きなのか。微エロ。

 

 

 

 

 

 

求道心

 升田さんがGHQに出向いたとき、出された洋酒のナポレオン (ブランデー) に「こんな冬が来ると負けるようなものが飲めるか」とケチをつけ、当時の将棋界における第一人者である木村義雄さんの話が出ると「木村さんは海軍学校などで講演をしていた。だから日本は戦争に負けたんだ。俺が講演していたら勝っていたぞ。だから木村さんはあんたらにとって恩人だな」などと、まさにいいたい放題。この豪快さが多くの升田ファンを魅了したのですが、それは日本人に限ったことではなかったでしょう。